FC2ブログ

記事一覧

(8)見所満載 沖縄仲良し旅

IMG_8125 のコピー 沖縄仲良し旅最終回は、お土産の紹介です。写真は、ロイズ石垣島の黒糖チョコレート。一箱702円。

 ポテトチップチョコレートで有名な北海道のロイズが石垣島に会社を作り、生み出された黒糖入りのチョコレートです。

 これが黒糖の独特なコクと風味があって、おいしい! シーサーやハイビスカス、さとうきびなどの包み紙もかわいいです。

 石垣島まで行かなくても、那覇の国際通りのお土産物屋さんのわしたショップで売られているほか、那覇空港でも手に入ります。

IMG_8108 のコピー 同じくロイズ石垣島の石垣の塩チョコレート。一箱821円。口溶けのよいミルクチョコレートの裏面に石垣島の海水を原料にした、天日干しの石垣の塩がまぶされています。甘じょっぱくて、これまた美味です。

IMG_8080 のコピー 写真右は、公設市場のそばの田芋(ターンム)だけを商っている、おばあから買った、田芋のふかしたものです。

 ドゥルワカシーという沖縄の郷土料理を作る時に使う芋で、タロイモの一種です。買って帰って、ドゥルワカシーを作った他、薄く切って、バターで焼いて食べました。

 写真中央の小さな長方形のものは冬瓜漬け。一個300円。かつては琉球王朝の宮廷菓子だったもので、冬瓜を砂糖で煮詰めて作ります。淡泊な冬瓜がなぜこんなにもコクのあるおいしいお茶菓子になるのかと不思議になるほど。

 薄く切って、口に入れると、ジュワッと蜜が広がります。作るのに大変手間がかかるため、いまでは那覇の謝花(じゃはな)きっぱんというお菓子屋さんでしか作られていません。

 写真左は、公設市場のそばの餅の店やまやで買ったナントウ餅。沖縄の旧正月に食べるもので、お米の粉に味噌などを加え、月桃(げっとう)の葉に乗せて蒸して作ります。

 モチモチになるので、電子レンジでチンして食べました。月桃の独特の香りがしておいしいです。

IMG_8096 のコピー 写真奥は、国際通りのお土産物屋さんで買ったゴーヤーシーサー。ゴーヤーの上にシーサーが乗ったミニサイズのかわいい置物です。

 写真右は、公設市場の二階のお土産物屋さんで買ったガチャガチャの景品。沖縄そばとコーレーグース(島唐辛子を泡盛に漬けたもの)、ジューシー(沖縄の炊き込みご飯)、うめーし(箸)のミニチュアです。

 写真左は、首里城のお土産物屋さんで買った本のしおり。

IMG_8100 のコピー 写真は、ゴーヤーや県魚のグルクン、沖縄そばなど沖縄の食材や料理が描かれているミニタオルです。公設市場のそばのお土産物屋さんで買いました。

IMG_8078 のコピー 写真は、国際通りのマンゴーハウスというお店で買った、かりゆしです。シーサーの柄になっています。

IMG_2060 のコピー 最後のお土産は、那覇市伝統工芸館で自分で作った琉球ガラスのグラス。

 溶けたガラスを鉄製のストローのようなもので吹いて作ったのですが、吹き加減が難しかったです。ビーズを付けてから吹いたので、水玉模様になっています。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていく予定ですので、よろしくお願いいたします。★リンクフリーです。

FC2ランキングに参加しています。

人気ブログランキングに参加しています。

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カエルのロビンのカウンター