FC2ブログ

記事一覧

悪魔の辞典〜受験生に捧ぐ〜

IMG_7983.jpeg 大学一年生の時、マスコミ研究会と英字新聞会を掛け持ちしていました。出版社でライター見習いをしていたのに、よくそんな時間があったものだと思います。とても忙しかったなあ。

 英字新聞会では、受験の際に受験生に販売する冊子を作ったのですが、その名も『早稲田魂』。友人に頼んで、原本を取り寄せました。

IMG_8008.jpeg 書いた記事は、アンブローズ・ビアスが1911年にアメリカで発表した『悪魔の辞典』のパロディ。「悪魔の辞典〜受験生に捧ぐ〜」。

『悪魔の辞典』は、皮肉やブラックユーモアに満ちあふれており、辞書パロディの元祖的存在。スルスルとアイデアが沸いてきて、一日で書き上げた「受験生に捧ぐ」から、いくつか抜粋して、ご紹介します。

■うかった【受かった】(自五) 確実に一人、見知らぬ誰かを蹴落としたこと。
■かぜ【風邪】(名) 病気の程度よりも、発病した時期によって、受験生を死に至らしめる、恐ろしい病。
■かみ【神】(名) 湯島天神、太宰府天満宮。
■げんえき【現役】(名) 試験会場に制服を着てくる、“小悪魔”。
■じゅけんりょう【受験料】(名) 受かれば「大学への投資」、落ちれば「善意の寄付」と化す。
■すらんぷ【スランプ】(名) 自分に対するストライキ。その要求は「成績向上の手応え」。
■だいがく【大学】(名) 一般社会に出る前の準備段階を要する者たちの収容施設。または、モラトリアム人間たちの最後の砦(とりで)。
■だいがくきょうじゅ【大学教授】(名) 学究を職業とする人。または、声と字が小さく、人付き合いが悪いため、会社社会に溶け込めなかった社会不適合者。専攻は様々だが、学内政治を最も得意とする。
■だいがくじたい【大学時代】(名) アイデンティティを確立するための時間稼ぎ。
■たかだのばば【高田馬場】(名) 二月中旬から下旬にかけての入試期間中、ここはその名の示す通り、出走馬たちのパドックと化す。
■ふごうかくしゃ【不合格者】(名) 縁のなかった大学に三万円程度の「無償の寄付」をする慈善家。
■まぐれ【紛れ】(名) 志望校に見事受かった者たちが使う言葉。一種の照れ隠し。落ちた者が、受かった者を中傷する時に使うものではない。
■よびこう【予備校】(名) 身分証明書を持たない者たちに学生証を発行するところ。また、次代の浪人生たちを育成するところ。

 この記事は人気がありました。読者投票で二位。一位は「THE 学生結婚」というルポでした。なつかしいなあ。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていく予定ですので、よろしくお願いいたします。

FC2ランキングに参加しています。

人気ブログランキングに参加しています。

最新コメント

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カエルのロビンのカウンター