FC2ブログ

記事一覧

上坂冬子 『東京ローズ 戦時謀略放送の花』

IMG_2802.jpeg 上坂冬子の著作で、もう一人、忘れ得ぬ女性がいる。それが“東京ローズ”こと、アイバ・戸栗郁子だ。

 東京ローズとは、日系二世のアメリカ人女性である。父親は山梨県出身であった。

 太平洋戦争勃発の寸前にたまたま、日本に来日していたのがもとで、マザー・タン(母国語)として、英語が話せるとして、戦時心理作戦の一つだった謀略放送の要員として、日本軍に採用されたのだ。当時、二十五歳。

“異国”で孤立した彼女としては、英語の生かせる仕事に就くのが一番手っ取り早い。そこでラジオ東京(日本放送協会海外局)に勤め、1943年11月に初めて「ゼロ・アワー」という番組の原稿の一部を読み上げたのだった。

 ゼロ・アワーとは、アジア及び太平洋に散在するアメリカ兵に向かって、士気を喪失させる内容を盛り込んだ、謀略放送である。

 いま風に言うと、音楽番組のパーソナリティーのような役どころで、番組の中で、ジャズを流しながら、合間に与えられたシナリオを読む。

 なかには、家族たちが焼き立てのハンバーグに舌鼓を打っているのに、常夏の離れ小島で人生を無駄に過ごしているのを馬鹿馬鹿しいとは思わないか、銃を捨てて帰国したいとは思わないかなどと、あからさままに厭戦気分を駆り立てるようなシナリオもあったという。

 ともかく、日本としては短波放送で、これを太平洋地域で戦う敵国の兵士たちに流したのである。

 一部には、アメリカ兵たちが、これを謀略放送というより、むしろ切ない女性の声が聴ける機会として、楽しみにしていたという証言もある。

IMG_7939 (1) 一九四五年、戦いは終わったが、東京ローズは、終戦の四ヵ月前に上智大学教会で、日系ポルトガル人と結婚している。

「世の中が落ち着き次第、一日も早く、あなたと一緒にサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを見たいわ」というのが彼女の口癖だった。

 もちろん、彼女は日本軍のいいなりになって協力したのだから、戦後、アメリカ人として、国家反逆罪に問われてもやむを得まい。

 東京ローズは、巣鴨プリズンに収監され、本国に送還、懲役十年、市民権剥奪、罰金一万ドルの刑を科せられた。

IMG_7950 (1) のちの一九七六年に、フォード大統領に三度目の特赦願いを提出して、大統領の引退直前にこれが認められ、二十八年の長きにわたる歳月を経て、晴れて選挙権を持つアメリカ人となった。

 同じような身上によって、放送にたずさわった女性は、じつは十三人いた。なぜ、彼女だけが東京ローズとして騒がれ、罪を科せられたかというと、彼女の行った放送は、疲れた兵士の間で絶大な人気を博したからだ。

 どちらかというとガラガラ声だった声の質が“飲み屋”にいるような気楽さを誘ったという。

 戦後、日本に上陸したジャーナリストたちは、草の根を分けても、あの人気者の東京ローズを探せと躍起になった。

 これに対して、不用心にも、彼女は自分が東京ローズだと名乗り、せがまれて、サインまでしている。

 彼女に落ち度がなかったとはいえない。しかし、戦時下に生き延びる手段として、彼女が謀略放送の要員になったことを、必要以上にとがめるのは酷というものだ。

 判決理由に挙げられたのは、レイテ沖海戦で、アメリカ軍が完全に勝利を収めた時、事実に反して、「太平洋のみなしごさん、あなたたちのお船は全部沈んじゃったのよ。どうやって、お家に帰るつもり……?」と書かれた原稿を読み上げたという、ただ一点だけだった。

 これが東京ローズの運命を大きく暗転させる結果となった。

 彼女はやっと辿り着いた故国で、家族と暮らすこともできず、ウェストバージニア州のアルダーソン女子刑務所に送られ、ここで三十三歳から三十九歳まで、つまり模範囚として短縮された六年二ヶ月の刑を終えるまで暮らしたのである。

 一九六八年、法務省から罰金の支払いを請求された彼女は、生命保険と九十歳で亡くなった父親の遺産で全額払い終えた。
 
 しかし、その後も、市民権は剥奪されたまま、つまり無国籍の状態で、ひっそりとシカゴで日本製品を商う店を開いて、生活を支えていた。

 一九四五年に結婚した夫は、裁判傍聴のため、渡米した際に移民局で「入国拒否なるも執行猶予」とパスポートに記入された上、二度とアメリカに入国せずと誓約させられた。そのため、日本で別れて以来、二人は一度も会えずじまいだった。

 戦争とは、ひとたび始まったら、あとへは引けないものだ。人生はいとも簡単に狂わされていく。東京ローズも、その一人だった。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていく予定ですので、よろしくお願いいたします。★リンクフリーです。

FC2ランキングに参加しています。

人気ブログランキングに参加しています。

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カエルのロビンのカウンター