FC2ブログ

記事一覧

(3)憧れのフランク・ロイド・ライトの学び舎

IMG_4346 (1) 自由学園明日館の象徴・幾何学模様の窓を2階から見下ろしたところ。

IMG_4382 (1) 1階から見たところ。外からだけでなく、内部から見ても、陽光が差し込み、美しい。

IMG_4404 (1)
IMG_4324 (1)
IMG_4424 (1)
IMG_4441 (2)
IMG_4430 (1)
IMG_4461 (1)
IMG_4426 (1) デザインの異なる、いろいろな窓。細部にまで、こだわる。

IMG_4348 (1)「自由学園明日館ができるまで〜おさつ畑からはじまった夢〜」。

 自由学園は、1921年(大正10年)に誕生するが、それより前は何があったのだろう。羽仁夫妻は、1603年(明治36年)から『婦人之友』の前身の『家庭之友』という雑誌を世に送り出した。

 1613年(大正2年)、婦人之友社の事務所と自宅を建てるために、おさつ(さつまいも)と大根が植わった畑の広がる、1826坪もの土地を借りた。

 そのうち、40坪を自宅、それに付随して、事務所を作った。

 自宅と事務所だけに、これだけの土地を借りたのは、一見不自然に見えるが、羽仁もと子は、当時をこう振り返る。

「一家の回りには、運動場が欲しい。空き地も欲しい。それは、私たちの“ある夢”を実現させるために必要なのだ」。

 夢とは、もちろん、学校を建てること。壮大な夢は、もう始まっていたのだ。

IMG_4278 2 自由学園明日館は、昭和40年代頃になると、老朽化が進み、取り壊しの可能性もあった。

 卒業生、建築家をはじめ、多くの関係者の保存への思いが実り、この地における保存が決定した。

 前述したが、建物の中に一歩入ると、床の高さを少しずつずらした部屋を連続させた空間構成など、「プレーリースタイル(草原様式)」という、ライト第一期黄金期の作風をよく表している。

IMG_4394 (1)
IMG_4414 (1) 意匠を凝らした扉。上は自由学園明日館の入口の写真。

IMG_4410 (1) 大谷石を使った階段。日本における、ライト建築の特徴だ。自由学園では、旧帝国ホテルの建築時の端材が使われている。

IMG_4305 (1)「中心に“食堂”のある学校〜生活即教育 自由学園の“食の学び”」。

 奥のステンドグラスは、現在のものと異なる。生徒数が増え、増築しなければならなくなり、ライトの弟子の遠藤新(えんどう・あらた)が、ライトの作風を真似て、テラスを小食堂に作り替えたのだ。

IMG_4363 (1) 遠藤が新たに作った、現在のステンドグラス。

IMG_5579 (1) 自由学園明日館の校内案内図。

IMG_4295 (1) 西武池袋線 ひばりヶ丘駅 徒歩15分の現在の「自由学園 東久留米キャンパス」。遠藤による歴史的建造物が点在している。

 ひばりヶ丘駅に移転してからは、10万平方メートルもの自然豊かなキャンパスの中で、生徒たちが土を耕し、種を蒔いて、作物を作ることが始まった。

 男子部(初等科・高等科)では、1年生の勉強は、教室で自分が使う机と椅子を作ることから始まる。

 入学して、一年間は全員が寮に入り、自立と協力、思いやりと責任を学ぶ自治生活を送る。
関連記事

プロフィール

カエルのロビン

Author:カエルのロビン
フリーランスの記者&編集者。星野源と加瀬亮が好きといえばオシャレだと思っている。何歳からアラフィフか母親と協議中。数年分の旅行記と食べ歩き日記を順次アップしていく予定ですので、よろしくお願いいたします。★リンクフリーです。

FC2ランキングに参加しています。

人気ブログランキングに参加しています。

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カエルのロビンのカウンター